色色

本屋で「ぼくを探しに」をふと読み返してみたら
涙がでてきた

そんな感じ。